カレーパーティー開催中!

こんにちは。トミです。

毎日ご飯を作っていると、ちょっとだけお休みしたくなりませんか?私は月に2回くらいのペースでお休みしちゃいます。

外食できれば外食しますが、金欠のときにはそうもいかないので、カレーを大量生産します。

カレーは一度作ると三度美味しい

カレーを作るのは我が家で一番大きな5.5lの圧力鍋です。私はカレー作りに圧力は使わないけど、カレーはいつもこのお鍋です。このときのために別売りのガラス蓋も購入しています。

大量に作ったカレーは、もちろん一度で食べ切れる量ではないので、2〜3日カレーが続くことになります。

3日連続でカレーライスだと、いい加減にしろ!と怒られそうですが、変化を付ければ全然大丈夫!…なはずですよ。

変化をつけると言っても、もうパターン化してるんですけどね。我が家で月に最低1回は見かけるカレーパーティーの様子を少し紹介します。

1日目は出来立ての味を楽しむ

1日目は出来立てのカレーを、できるだけそのままの状態でカレーライスとして味わいます。

今回はウインナーが食べたかったので乗せちゃってますが、出来立てで味が馴染まないカレーライスはお家カレーならでは。

「まだできたてだから明日にはもっと美味しくなってるはずたよ」

などと言いながら食卓に並べましょう。明日のカレーへの期待が膨らみます!

2日目はトッピングを楽しむ

1日ねかせたカレーは、できたてとは深みが全然違いますよね。ちょっと煮詰まってぼったりしたルーがたまりません!

もうそれだけでも2日目を乗り越えるだけのパワーがありますが、あえてちょっと豪華なトッピングをしています。

トッピングをすることで、カレーばっかり食わすなよ!という状況を回避する作戦です。

今回は冷凍庫で眠っていた揚げるだけの衣付きエビフライとウインナーを乗せてます。

トンカツや唐揚げ、ハンバーグ、ゆで卵などもおすすめです。ちょっと変わり種でサバ缶を添えたサバカレーも好評です。

ここで大切なのが、張り切り過ぎないことです。毎日のご飯作りを休憩するのが目的のカレーパーティーなので、トッピング作りは簡単に!

張り切ってヒレカツをたくさん作ったときには、普通に白いご飯が食べたくなって、カレーライスのカレーを避けて白いご飯を食べてしまいました。

レンジでチンすだけの唐揚げや湯せんするだけのハンバーグなどが丁度良い気がします。

3日目はカレーうどん

あれだけたくさんあったカレーも3日目になるとカレーライスとして食べるには足らない状態になっています。

あまりに少ないと冷凍保存して次回のカレーに混ぜてしまいますが、ある程度残っていればカレーうどんにするのがおすすめです。

麺つゆと好みの具材を足すだけで、自家製カレーうどんのできあがり!

詳しい作り方は、次の記事で紹介しています。

カレーうどんだけだと残り物感が強いので、おにぎりやいなり寿司を添えたり、天ぷらをトッピングして特別感を演出しましょう。

今回作ったのは適当だけど美味しい、お気に入りのふりかけを使ったわかめおにぎりです。

カレーの間の別メニューもおすすめ

カレーを大量生産したからと言って、毎日カレーを食べないといけないってことは無いと思います。

2日目はカレーをお休みして他のものを食べて、3日目のカレーを味わうのもアリです。ただし、その場合も3日目で食べきるのがおすすめです。

意外とカレーは傷みやすいのでしっかりと保存していても、4日目には味が落ちている気がします。

カレーを3日連続で食べるための保存方法

せっかくのカレーパーティーもお腹を壊してしまっては台無しですよね。

カレーを腐らせないために気をつけていることをは以下の3点です。

  1. じゃがいもを使わない
  2. 毎日、沸騰するまで温め直す
  3. 冷めたらすぐに冷蔵庫で保管する

じゃがいもは傷みやすいです!じゃがいもからおかしくなってるんじゃないかと思うほどです。

今回は涼しかったのでじゃがいもを入れましたが、暑い時期のカレーには入れないようにしています。

怪しいと感じたら諦めが肝心!

しっかり保管しているつもりのカレーでも、時期や具材などさまざまな要因で傷んでしまうこともあります。

味見してみて怪しいと感じたら、潔く諦めることをおすすめします。

レッツ エンジョイ カレーパーティー!

コメントお待ちしております♪

タイトルとURLをコピーしました