いつものカレーをキーマカレーにかさましリメイク

キーマカレー

調理時間:20分

晩ごはんの献立に迷ったときに便利なカレーライス。おかわりしているうちに中途半端に残ってしまったことはありませんか?

そんなときは、冷蔵庫にある材料でキーマカレーにかさましリメイクしちゃいましょう!余り野菜を使えば、野菜もたっぷりいただけます。

キーマカレーにかさましリメイクする方法

一人分の材料
  • カレーの残り … 1/2皿分
  • ひき肉 … 50g
  • 玉ねぎ … 1/4個
  • ケチャップ … 大さじ2
  • 焼肉のたれ … 大さじ1
  • 水 … 大さじ3
  1. 野菜を全てみじん切りにします。
  2. 鍋にサラダ油をなじませ、ひき肉と野菜を中火で炒めます。
  3. ひき肉の色が変わったら残りの材料を加え、ときどき混ぜながら弱めの中火で約10分加熱します。
  4. 水気がとんでお好みの固さになったら、塩コショウで味を整えて完成です。

キーマカレーにかさましリメイクするときのポイント

ごはんだけでなく、ナンとの相性も抜群のキーマカレーです。ナンを用意するのが面倒な私は、食パンにつけながら食べてしまうことも。

いつものカレーをキーマカレーに美味しくリメイクするポイントを少し紹介します。

キーマカレーにおすすめの余り野菜は?

今回は、冷蔵庫にあった人参とピーマン、しめじを追加しています。野菜の切れ端でもみじんに刻んで入れてしまえば美味しい具材に。残ってしまいがちなブロッコリーの茎やセロリの葉などの救済にもおすすめです。

野菜をたくさん入れると野菜から出る水分も多くなるので、煮込み時間を長めにして水分をとばしてみてください。

トマト入りのキーマカレーにリメイク

いつものカレーをキーマカレーにかさましリメイク

トマトを加えたい場合は、トマトの水分で味がぼやけてしまうので、ケチャップと水の分量を調節します。下記の分量を参考にしてみてくださいね。

トマト追加の場合
  • トマト … 1/4個
  • ケチャップ … 大さじ1
  • 水 … なし

うっかり萎びさせてしまったり熟れすぎてしまったりしたトマトやプチトマトがあれば、気にせずどんどん入れてしまいましょう!トマトの酸味を強く感じる場合は、少し砂糖を足すとまろやかになります。

ただし、入れすぎは要注意。以前、完熟トマトの処分をかねて倍量の1/2個分まで増やしてみましたが、水分が多くなりすぎて味が薄くなってしまいます。

いろいろなひき肉で楽しむリメイク

ひき肉の種類の指定は特にありません。今回は豚ひき肉で、前回は合挽きだったかな?鶏そぼろのときもあります。豚肉なら旨味たっぷり、鶏肉ならさっぱりとした仕上がりになります。

マクロビなどで使われる大豆ミートやテンペを使えばヘルシーにリメイクできます。いろいろなひき肉でキーマカレー作りを楽しんでみてください。

キーマカレーのおすすめトッピング

そのままでも美味しいキーマカレーですが、トッピングをすれば豪華にボリュームアップ!腹ペコ男子も大満足です。

温泉卵や目玉焼きなどの卵、とろ~りチーズは定番ですよね。その他にもウインナーでガッツリと、レタスやトマトなどの生野菜でさっぱりと。トッピング選びも楽しみのひとつです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました